トップ «前の日記(2016年03月26日) 最新 次の日記(2016年06月16日)» 編集

KeN's GNU/Linux Diary
... 料理とDebianと雑多な記録


2016年06月15日

_ [computer] 同人誌を作ってみた『Re:VIEW+InDesign制作技法』 制作話(1)

製本も無事届いたので、(ここからの発送事故やイベントの突然の中止といった不測の事態がない限り、)『Re:VIEW+InDesign制作技法』を6月25日、技術書典の委託ブースにて販売できる運びとなりました。完売できるといいなぁと祈っています。


何かの参考になるかもしれないので、制作裏話をまとめていこうと思います。

動機

  • ドキュメントシステムRe:VIEWに関する制作本を書きたかった。入門書はすでにTechBoosterさんが書かれているけど、InDesign XMLまわりはまとまった情報を提供できていなかった。
  • 第2回Re:VIEW開発者会議のあたりで@mhidakaさんに技術書典のお誘いを受け、いい機会だと思った。
  • ちょうど仕事が谷間でヒマだったし、社内教育的にもInDesignやJavaScriptまわりはまとめたかった。
  • 執筆・編集・DTP・表紙まわり・印刷所交渉・価格付け・宣伝をまとめて経験してみたかった(『銀の匙』に少し影響されたかも)。紙面デザインはセンスと経験が圧倒的に不足しているので、プロのデザイナーに依頼。私的な事情で自身で手売りすることは避けたいので、販売は委託前提で甘えることに。

進行

  • 3月17日頃 リポジトリを作成、基調として前書きを書いてみる。以降、時間を見つけては執筆にいそしむ。
  • 3月25日 本書説明にかかる、これまで社内のみで使用していたIDGXMLのための各種のライブラリをGitHubで公開。
  • 4月3日 @fjtさんに写真データ依頼。
  • 4月5日 必要な登場要素が決まったので、組見本テキストを作り、紙面デザインをデザイナーに依頼。表紙デザインのラフ完成。
  • 4月22日 紙面デザイン着。
  • 4月26日 ランディングページの準備開始。
  • 4月末 全体の70%くらい進捗。総ページ数の上限を決め、ページ数が無駄にふくらむ箇所はカットしていく。
  • 5月2日 技術書典 委託に申し込み。印刷所に見積り依頼。
  • 5月17日 ひとまず脱稿。初校を組む。コンビニでB4見開き印刷をしてゲラ校正。
  • 5月20日 組み直して再校を作成。査読者に査読依頼。表紙・背・裏表紙ほぼ完成。
  • 5月27日 印刷所に最終仕様の見積り依頼。
  • 5月29日 表紙まわりと組見本の出力見本着。品質に問題ないというか予想以上なことを確認。
  • 5月30日 結果を反映して3校作成。
  • 5月31日 少し見直して4校作成、表紙まわりも確定。ランディングページをアナウンス。入稿データをそろえる。
  • 6月1日 印刷所入稿。Dropbox経由でPDFアーカイブ渡し。GitHubの情報ページの構築を開始。
  • 6月14日 製本到着!
  • 6月25日 技術書典委託ブース(予定)

執筆スタイル

目次構成についてはあまり悩まず、書くべき内容はおおむね頭の中で構想できていたので、まず各章のreファイルを用意し、そこに埋めるべき項目を箇条書きで書いておいて、それを順に埋めていくようにした。

少し入れ替えたり、「これを深く書いてもページ数が増えるばかりでしょうがないな」と思った箇所はバッサリ削除したりしたけれども、骨格の説明順序は原案そのままとしている。

執筆はDebian上のEmacs+SKK。

草稿が完成したあとにJust Right!で表記揺れなどを確認し、RedPenも使ってみた。推敲は紙のほうがやりやすいので、初校のPDFをUSBメモリに入れて、セブンイレブンでB4見開き印刷をして赤入れし、結果をreファイルに戻すようにしていた。

Debian徹底入門だと書くために大量の調べ物が必要で、そうしているうちに辛い仕事が入って中断、なんとか抜け出た頃には疲弊してモチベーション死亡、ということの繰り返しで未だに進めない状態にあるのだけれども、今回は熟知している内容をとりまとめる短期間集中執筆だったのと、たまたま重い仕事が入らなかったことで、完成にこぎつけることができた。締切ドリブン重要。Debian徹底入門も1章単位ずつで出版するつもりで書けばなんとかなるのかな……。

協力依頼

自身ではできないところについては、友人たちの協力をいただいた。

  • 表紙の素材として、確かな写真の腕を持つ友人の@fjtさんから複数の写真データをいただいた。第一候補だったメジロは少し目の付近がボケていて表紙用に引き伸ばすとそれが目立ってしまうこと、第二候補のクラゲは綺麗だけれどもあしらいがちょっと難しい上に不気味かもしれないことから、新たな候補として、色のメリハリがシャープで綺麗なイソヒヨドリを選択。
  • 「センスのよい紙面デザイン」を私が作るのは無理なので、同僚のデザイナーである轟木さんに、個人的な仕事として紙面デザインの制作を依頼した。出来はさすがというほかない。表紙や裏表紙にもアドバイスを受け、当初のものよりもずっと良くなった。
  • 自分ではかなりしっかり見返したつもりだったが、査読を依頼した@MoCo7さんには次々と記述のミスや読みにくい箇所を見つけてもらい、汗顔の至り。本当に助かった。

続く