トップ «前の日記(2014年11月17日) 最新 次の日記(2014年11月20日)» 編集

KeN's GNU/Linux Diary
... 料理とDebianと雑多な記録


2014年11月18日

_ [review] XPERIA Z3 Tablet Compact

ソニー Xperia Z3 Tablet Compact SGP611 ブラック

ソニー
¥ 46,015

最近きためさんやむつみさんが購入して「Z3TC素晴しい」と激賞しているので、私も買ってみた。

なるほど、これはいいものだ……。特にN7を常用しているような人は、店頭で触ってみた瞬間に気絶してお買い上げしている可能性が高い。


購入したのは16GBモデル、白。外寸はほぼN7より若干大きく長めという程度で、違和感はない。しかし、Xperiaの薄さと軽さは圧倒的で、E-ink系のKindle並み。 スクリーンはフルHDで、発色も綺麗。


購入動機の1つでもあるが、Xperiaは完全防水性(IPX5,8)をうたっている。ヘッドフォンプラグ、カメラ、電源ON/OFF、ボリュームは外側にあるが、USB接続端子とmicroSDカードスロットはカバーの下にある。ただこのカバーは、着脱を繰り返すと摩耗したり、落下防止ケーブルが切れたりしそうなので、頻繁な開け閉めは避けたほうがよさそうだ。

反射防止と水かかり時の手入れ対応をかねて、スクリーンには純正のET988JPフィルムを貼り付け。


ということで、マグネット式DockのDK40を追加で買った。さすが専用だけあって、真ん中を合わせるように置くとカチッと綺麗にはまって充電され、安定も悪くない。

ソニー DK40 Xperia Z2 Tablet用卓上ホルダー

ソニー
¥ 2,845

初期スクリーンはメーカー系Windows PCそのままに、ゴッチャリとゴミのように大量のアプリケーションで埋め尽されているので、まずはそれをひたすらドラッグして上に持っていく(スクリーンから削除)作業。背景も落ち着いたものに変更し、作業に必要なアプリケーションをPlayから入れていく。

ブラウズや音楽再生といった利用範囲の限りでは、動作はきびきびしていてまったくひっかかる感じはしない。むしろスクロールがなめらか過ぎて少々酔いそうなくらいだ。


音楽再生についてはさすがSONY、Walkmanがプリインストールされている。 薄さからは想像できないほど良い音が鳴って驚いた。最小音量にしてもやや大きい音で鳴るので、浴室などの利用ではグライコで調整したほうがよいかもしれない。

楽曲ファイルの管理についてはいろいろわかりづらい部分があり、アーティスト/アルバム/曲/フォルダ という分け方にはなっているが細かい操作はほとんどできない。これは単に送るだけじゃなくて、Windows側のアプリケーションでいろいろ調整すればよいのだろうか(Linuxではどうしようもないが……)。

また、マルチユーザー化するとこれがさらに複雑になって、両者で同じファイルを共有するにはSDカードを使うのがベストということになるものの、何度繰り返してもまったく見えなかったり、と思えば唐突に見えたり、アプリケーションを変えてみると別の見え方になったり、キャッシュが変なのかアルバム名が違うものになったり、MP3ファイルからうまく情報を拾えなかったり、ということで、まだ正しくは解決できていない。

Android 4.4の、SDカードには簡単には書き込みできないという制約もあるのかもしれない。ファイルマネージャでSDカードに書き込めるのはFileCommanderだけだが、使い勝手が良いとはいえない(はっきり言えば使いにくい)ので、面倒だがSDカードを抜いてPCで操作するのが現状最適ということになってしまいそうだ。Android 5でSDカードの取り扱いが戻っているそうなので、Xperiaにもそのうち正式リリースされるのだろう(テスト版はあるけれどもいろいろ動かない)。

いずれにしても(多分通常の使い方であろう)シングルユーザーで使っているなら、困ることはほとんどなさそうである。

ともあれ、使いがいのありそうな、良いタブレットだ。

(トースターでごはんを炊くな、というのは承知の上で、BTキーボードからの全キー入力含めてフル操作できるEmacsがこれで動いてくれないですかね……)