トップ «前の日記(2013年02月08日) 最新 次の日記(2013年02月11日)» 編集

KeN's GNU/Linux Diary
... 料理とDebianと雑多な記録


2013年02月09日

_ [review] 『アートを生み出す七つの数学』『SQLアンチパターン』『Land of Lisp』

12月〜1月は、とある開発案件のほかはReVIEW系のDTP案件をずっとやっていた(編集案件は脱稿待ち……お待ちしてます)。

アートを生み出す七つの数学
牟田 淳
オーム社
¥ 2,100

『アートを生み出す七つの数学』は、シリーズ書もすでに多数発刊されている牟田さんの作品。フラクタルやマンデルブロー、シンメトリーなどのアート、デザインにおける数式を大学の数学教養レベルで解説している。

このDTPは本当にたいへんだった……(腰痛再発)。Amazonで「Kindle版」という表記があるように、本書は紙、電子PDF、Kindle(ePUB)の3つで販売される。

これだけならオライリー・ジャパンさんの制作協力で実績があるけれども、本書はTeX原稿で「数式」が膨大に埋め込まれていて取り扱いに苦戦した。紙だけならいろいろ無茶な方法もできる(たとえば分数を表表現で作ってしまうなど)のだが、1ソースからのKindle/ePUB化を考えるとそうはいかない。

結局ReVIEW原稿にしながら数式についてはmタグとtexequationタグを使って生なTeXソースを利用し、TeXソースは後でパーサで「できるだけテキストと文字スタイルで表現できる」ようにしてどうしようもないところは画像化、という複雑怪奇な仕組みとなった。それでもInDesignの行の取り扱いとの衝突、TeX原稿でできる綺麗な紙面とのギャップ、そして年末年始進行、後から判明するKindle固有の問題など最後まで苦難の連続だった。TeX原稿のものはTeXで最後まで組むべきだね……。

そんなこんなで裏では苦労しているけれども、紙版、PDF版、Kindle版、どれも楽しめます。

SQLアンチパターン
Bill Karwin/和田 卓人(監訳)/和田 省二(監訳)/児島 修
オライリージャパン
¥ 3,360

『SQLアンチパターン』は、和田さんコンビによる翻訳。 SQLステートメントにおける「やっちゃいけないこと」がテンポよく紹介されている。25章あるけれども、1つひとつの章は短め。おもしろいよ。

もともと和田さんの訳テキストがReVIEW形式だったので、進行はとーってもスムーズだった。PDF版、ePUB版もお手軽に。PDF版はInDesignのバカげたバグさえなければ、もっと簡単にできてご請求費用も押さえられるんだけどなぁ。

Land of Lisp
M.D. Conrad Barski/川合 史朗
オライリージャパン
¥ 3,990

オライリーついに狂ったか、と書影で評判の『Land of Lisp』。原書カバーはもっと強烈やで……。ちなみにカバー動物説明はないよ。

川合節の訳が素敵なCommon Lisp徹底解説本。なんかHaskellをディスってるような気がしなくもない。カバーのキモカワ生命体を含め、名状しがたき者共が集う漫画がたくさんあって楽しく読める。

原書はもう少しフリーダムな紙面だったのだけれども、ReVIEW DTPの制限でいくつか定型フォーマットにしている。とはいえ、今回用にいくつか機能を追加したりして、原書の雰囲気をなるべく壊さないようにしたつもり。つい先日青焼校了したばかりで、出来上がりが楽しみ。