トップ «前の日記(2012年02月01日) 最新 次の日記(2012年02月03日)» 編集

KeN's GNU/Linux Diary
... 料理とDebianと雑多な記録


2012年02月02日

_ [review] 『10倍ラクするIllustrator仕事術』

10倍ラクするIllustrator仕事術 ~ベテランほど知らずに損している効率化の新常識
鷹野 雅弘/秋葉 秀樹/杏珠/尾花 暁
技術評論社
¥ 2,394

本書著者のひとり尾花さんから献本いただいた。ありがとうございます。ということで今話題のステマをします(ぇ。

『○倍××』と名のついた本は、本当に簡単に○倍できることがわかりやすく書いてあるもの、そのとおり実践ができれば実現できるかもしれないけどそのハードルに苦戦しそうなもの、単に売り文句なだけで中身は著者の思い込みの駄文、のだいたい3つに分かれると思う。

さて、本書はもちろんこの最初の「本当に簡単に『10倍』ラクできる」テクニック集だ。 著者はいずれもAdobeのドローイングツールIllustratorをプロとしてバリバリ使っている方々であり、彼らがこれまで業務で蓄積してきたさまざまなノウハウや苦労をベースに、新しいIllustratorのどの機能でその作業がいかに削減・軽減されるかを67のTipsとしてわかりやすく説明している(詳細についてはAmazonの目次を参照されたい)。

古いバージョンを使ってきて従来のやり方を続けてきた人ほど、本書での発見は大きいはずだ。社内のベテランのDTPオペレータ/デザイナーに見せたところ、本書は好評であった。無茶なバッドノウハウもないので、安心して実践できるだろう。

と同時に、CS2やCS3を使い続けている人にとっては「CS5.1いいなぁ…Adobe税払っちゃおうかなぁ…」と思わせてしまう、はなはだ罪作りな本でもある。各TipsはCS3、CS4、CS5(CS5.1)での動作が検証されており、代替手段が提供されているものも多いが、CS5でなければどうにもならない垂涎の技もあるのだ(たとえばガイドラインアートブラシなど)。

デザイナー、イラストレータ、DTPオペレータの皆さんにはぜひ本書を活用し、ミスりやすい単調作業を改革して10倍、20倍ラクしながら良い物を作ってほしいと思う。

(「10倍ラクできるとは仕事を舐めてるのか! 手で1つひとつやることが大切なんだ!」という向きの人からの文句はスルーして「水に綺麗な言葉でもかけてろ」と心で返事しておけばよろしい。)

_ [news] オライリー・ジャパンのサイトに記事を寄稿しました

オライリー・ジャパンのePUBフォーマットを支える制作システム

はてブコメントなどを見ると評判上々のようでなによりです。 一見すると何やらピタゴラスイッチ風に見えるかもしれませんが、Unix系のひとにはわりと中身を想像しやすいんじゃないでしょうか(私が作成を得意とするのはだいたいこういう組み合わせ系です)。

はてブのコメントに遠くからちょっと反応してみると、

  • ジャパン独自のシステムです。制作サーバは(オライリー社内ではなく)弊社内の普通のPCです。
  • 他の出版社も真似はできると思います。達人出版会さんはもろに同じ系統ですし、オーム社開発局さんの制作システムもだいたい同じ。ボイジャーさんも似たことをしてそうですよね。しかし、オーム社の制作システムやIdeoTypeはもともと『CVS』本を機にVCSで共同制作したのがきっかけでその後も改良にお手伝いしてきた気がしますし、達人出版会の高橋さんはReVIEWの共同開発者だし、ということで私はどちらも縁深い(笑
  • 縦書きについてはCSSの設計やリーダの条件だし、ルビについてはReVIEWは一応対応、DocBookもタグ割り当てればいいので別に縦本でも問題ないと思います。縦本はテキスト主体なのでリフローにも強そうなのですが、印刷紙面を再現しなければならないという束縛からどう転換するかが肝だと思います(技術書でも紙面をいかに綺麗に要素配置するかに力を注いでいるものはあります。それはそれで1つの哲学なのですが、私自身はそういう方向よりは中身の充実のほうに注ぎたい)。
  • ユーザリテラシや教育については、DocBookはちょっとヘビーですが、ReVIEWのほうは(紙に赤ペンでしか仕事はしないという人はともかく)コンピュータを使って編集記号を入れながら作業している一般的な編集者・筆者にとってそんなに難しいかなぁという気がします。ガイド書かないとなー。

_ [cooking] 牛肉といんげんの炒め物、きゅうりのぬか漬け


本当はいんげん巻きにしたかったんだけど、細切れしかなかったので…